チラシ・折込(オリコミ)広告・パンフレット・カタログなどの輪転/平台印刷 総合企画印刷 株式会社 トップ [静岡県静岡市]

head0101.pnghead0101.pnghead_space.pnghead0401.pnghead0401.pnghead0501.pnghead0501.pnghead0602.pnghead0602.pnghead0701.pnghead0701.pnghead0801.pnghead0801.png

トップページ > CSR情報 | 社会貢献活動

CSR情報

社会貢献活動

「我ら海の子展」に協賛しています

「我ら海の子展」は昭和48年以来、毎年開催されている「私の海」をテーマにした児童絵画コンクールです。第46回の受賞者が決定しました。

歴代審査員
やなせたかし、立松和平、高田美果、河井リツ子、安倍昭恵、片岡鶴太郎、
さかなクン、榎木孝明など
uminoko.jpg
国土交通大臣賞、日本海洋少年団連盟会長賞、サークルクラブ協会理事長賞、日本船主協会会長賞、近藤記念海事財団理事長賞、山縣記念財団理事長賞、グリーンクロスジャパン理事長賞、安倍昭恵賞、さかなクン賞、河井リツ子賞、榎木孝明賞、金賞、銀賞、がんばろう日本賞、佳作、団体最優秀賞、団体優秀賞

国土交通大臣賞小学生低学年の部 
「カニ だいすき!」

国土交通大臣賞小学生高学年の部 
「トビウオの群れに見送られる保安船」

国土交通大臣賞 中学生の部
「朝日と共に」
主催
財団法人サークルクラブ協会
社団法人日本海洋少年団連盟

banner0601.pngbanner0601.png我ら海の子展 財団法人サークルクラブ協会財団法人サークルクラブ協会財団法人サークルクラブ協会 社団法人日本海洋少年団連盟社団法人日本海洋少年団連盟社団法人日本海洋少年団連盟

清水区中学野球育成事業 清水ベースボールクラブに協賛しています

yume6.jpg 地元静岡市清水地区の中学野球育成事業として、清水野球連盟と清水区中学野球部の協働により「清水区中学軟式野球クラブ」が設立されることになりました。
清水区の中学生を対象に、球児らしい「礼儀礼節」の習得に重きを置くとともに「故障のない健全な身体づくり」及び「技術と知識向上」により高校野球に挑戦し活躍する選手を地元清水で育成することで清水地区中学野球のさらなる活性を目指す という設立趣旨に、弊社もスポーツを通じた地域社会発展のお手伝いになればと思い賛同させていただきました。

清水エスパルスのマッチデースポンサーを務めました

matchday01.jpg今回の試合は両チームの監督が地元出身の初対決ということで、地元活性化に貢献できればと思い、清水エスパルスVSガンバ大阪のJリーグマッチスポンサーを務めました
当日は「株式会社トップ設立50周年の記念マッチ」ということもあり弊社代表杉本雅央によりキックインという大役も務めさせていただきました。弊社はこれからもスポーツを通じて地域社会発展のお手伝いをさせていただきます。
清水エスパルス清水エスパルス

「ユメセン」にて小学校での授業に参加しました

yume5.jpgプロサッカー選手として貴重な経験を持つ弊社代表杉本雅央が、子供たちに夢を伝える授業に参加しました。JFAこころのプロジェクトとは、日本サッカー協会(JFA)が「サッカーを通じて子供たちの心の成長に寄与したい」という主旨で立ち上げたプロジェクトです。
日本代表やJリーガー、なでしこジャパンなどの現役・OB選手が「夢先生(通称ユメセン)」となって小学校の教壇に立ち、自分の経験を基に子供たちに夢や目標の持つことの素晴らしさ、それに向かって努力することの大切さ、フェアプレーや助け合いの精神、失敗や挫折に負けない心の強さを伝えています。
banner02yumesen.jpgbanner02yumesen.jpgJFAこころのプロジェクト

地域中学生の職業体験学習に協力しています

shakai_taiken.jpg地域貢献の一環として、今年から地元中学校の職業体験実習の受け入れを始めました。
7月の初実習では実際の仕事に沿った形で「お客様からの印刷のご依頼」→「打ち合わせ」→「制作」→「印刷」→「出荷」までを見学してもらい、出荷作業や検版など重要な仕事も体験してもらいました。
最後はMacを使い自分の名刺を作成して終了。
後日、体験された生徒さんからお礼の手紙も頂き、微力ながら地域へのお手伝いをさせて頂きました。

工場見学会

shakai01.jpgトップでは地域社会への貢献の一環として、近隣の学校を招いた見学会を開いております。

日本赤十字社に東日本大震災救援金を寄付致しました

shakai02.jpg2011年3月11日に発生いたしました東日本大震災に際しましては、被災者の皆様方には心よりお見舞い申しあげます。また、一刻も早い被災者の皆様の救出、並びに復興を深くお祈り申しあげます。
弊社では一日も早く被災者の方が復興できることを願い、静岡新聞社を通じ日本赤十字社 静岡支部に100万円を救援金として協力させていただきました。
banner02sekijuji.jpgbanner02sekijuji.jpg日本赤十字社

gototop.png

side_csr04.jpgside_csr04.jpg
side_csr03.jpgside_csr03.jpg
side_csr02.jpgside_csr02.jpg